ホメオパシーが理解できる3つの法則

ホメオパシーが理解できる3つの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

薬は素晴らしいです。薬によって救われた命も多い。しかしそれは使いどころを理解していればの話です。ホメオパシーも同じ安全であるがゆえに使いどころの理解がないと ただの砂糖粒 なのです。特にホメオパシーにおいて使いどころの理解とは原理を理解することです。

原理とは?

原理とは地図

原理とは地図

 

原理とは 地図 のようなものです。

現在あなたは、小学生です。おじいちゃんの家に初めての一人旅。今までは家族と共に車で行っていましたが、今回は初めての交通機関です。そしてなぜか 地図 や行き方の情報がほとんどありません……

小さなあなたはどう感じますか?電車の乗り方バスの乗り方は知っていてもこの道があっているのか?あとどれくらいかかるのか?不安になります。

逆に、行き方が書かかれた 地図 があればあとは、勝手に進んでいくだけです。安心ですね。自分の位置(何をやっているのかの理解)がわかるというのは、思っている以上に安心なのです。これが、地図を持つ意味 です。

 

原理は大きく分けて3つ

ホメオパシーの3つの法則

大きく分けて3つ

ホメオパシーの地図は大きく分けて3つです。これさえ覚えれば、ご家庭で起こる急な怪我や病気には使いどころが分かります。

  1. 作用反作用の法則
  2. 同種の法則
  3. 超微量の法則

ホメオパシーは 同種療法 と呼ばれている治療法の発展形です。ですので、上記 1. 2. は同種療法の法則でもあります。

  1. 作用反作用の法則(同種療法 or ホメオパシー
  2. 同種の法則(同種療法 or ホメオパシー
  3. 超微量の法則(ホメオパシー

こんな感じです。同種療法の歴史は古く

hippocrates

ヒポクラテス(BC460〜375)

 

同じものが同じものを治す

ギリシャの医師ヒポクラテス

この時代からすでに 同種療法 は言及されています。

ホメオパシーと同種療法はよく混同されますが猿と人間程に違います。次回は、同種療法についてお話します。

 

関連

 

 

京都北山のホメオパシーセンター
10:00~18:00 完全予約制

JPHMA認定ホメオパス No.0666
ZEN認定ホメオパス
町田亮介

Tel: 075-748-1426
Fax:078-456-4419

ホームぺージ
ご予約
お問い合わせ

 

SNSでもご購読できます。